青汁の素材としても利用される明日葉の3つの効果・効能とは?

青汁素材で定番中の定番と言えば大麦若葉とケールでしょう。

明日葉はその次に見かける植物と言ってもいいくらいの人気を誇ります。

多くの製品で使用されるからには、そこには人を引き付けるような魅力があるはずです。

結論から先に言ってしまうと、明日葉にはダイエットやアンチエイジング効果があります。

そこで今回はこれらも併せ明日葉を摂ることによって得ることのできる、健康へのメリットを簡単にご紹介します。

明日葉はサプリメントの原料として利用されることの多い植物

hachijo-kojima

明日葉あしたばは日本原産の多年草であり、東京都に属する伊豆諸島の特産物としても扱われている植物です。

名前の由来は「今日、葉を摘んでも明日には芽が出る」と言われる非常に速い発育にあります。

ashitaba-tempura出典:cookpad

明日葉はセリ科の植物なので独特の苦味がありそのまま食べるようなものではありませんが、天ぷらやおひたしなどの素材としてよく利用されます。

また最近の健康ブームの波に乗り、アイスクリームの原料としても使用されています。

緑黄色野菜に分類され、ビタミン・ミネラルが非常に豊富なこともあり、青汁を含め健康食品やサプリメントの素材として扱われる機会が多いのが特徴です。

実際に流通している明日葉の利用方法の大半が、そのようなサプリメントの原料です。

その絶大な効能には昔の人たちも気づいていたのか、古くは江戸時代に天然痘予防にも明日葉が用いられていました。

明日葉の栄養価は相当高い

気になるのはその明日葉に含まれている栄養素ですね。

データを示さないと説得力に欠けるので、ここで栄養価が高いことで知られるブロッコリーとホウレン草のふたつと比較してみます。

「可食部100gで生の状態」という同じ条件で比べた結果が以下です。





(g)





(mg)




(mg)





(mg)






(mg)


(mg)

(mg)




(mg)
α-




(μg)
β-




(μg)




K
(μg)




B1
(mg)




B2
(mg)




B6
(mg)




C
(mg)





(mg)


(μg)


5.6 60 540 65 26 65 1.0 1.05 0 5300 500 0.10 0.24 0.16 41 1.4 100





4.4 20 360 38 26 89 1.0 0.22 4 800 160 0.14 0.20 0.27 120 0.8 210




2.8 16 690 49 69 47 2.0 0.32 0 4200 270 0.11 0.20 0.14 35 0.6 210

出典:七訂食品成分表2017

※表は横にスクロールできます

見ていただければ分かるとおり、どの成分をとっても見劣りしないばかりか、以下の成分で両者を出し抜いています。

  • 食物繊維
  • ナトリウム
  • カルシウム
  • マンガン
  • β-カロテン
  • ビタミンK
  • ビタミンB2
  • ナイアシン

このように栄養素を見てみると、明日葉が健康補助食品やサプリメントの原料として好まれる理由がよくわかりますね。

特に緑黄色野菜として分類されるときの条件であるβ-カロテンの量は突出しています。

また明日葉にはダイエット中の女性が注目すべきカルコンというポリフェノールの一種が含まれています。

カルコンは脂肪燃焼効果がある成分ですが、下で改めて説明します。

明日葉の3つの効果・効能

栄養たっぷりの明日葉には大きく分けて以下の3つの健康効果があります。

  • ダイエットやむくみの解消
  • アンチエイジング効果
  • 便秘の解消

ひとつずつ説明していきます。

ダイエットやむくみの解消:明日葉は体重減少効果のある成分を含む

ashitaba-chalcone出典:Ashitaba Polyphenol (Chalcone)

明日葉にはポリフェノールの一種であるカルコンという成分が含まれています。

明日葉の茎の部分を切ると出てくる黄色の汁がそれで、その見た目から「黄金のポリフェノール」と呼ばれます。

そしてこのカルコンはダイエット効果が高いことが医学的に実証されています。

簡単に説明すると以下のような仕組みです。

人の体内にはアディポネクチンという血中ホルモンが存在します。

この分泌物には血糖値を下げたり脂肪燃焼を高める働きがあり、「抗メタボリックシンドロームホルモン」と呼ばれるほどメタボ対策には重要な物質です。

逆に内臓脂肪が蓄積するとアディポネクチンの血中濃度が低下し各種疾患を引き起こしますが、実はカルコンはこのホルモンを増加させる作用が非常に強いことが確認されているのです。

adiponectin-increase-levels出典:TaKaRa健康通販

アディポネクチンを増加する働きのある成分は他に、緑茶のカテキンや唐辛子のカプサイシンがありますが、明日葉の増加作用はそれらをはるかに上回ることが分かっています。

これが「明日葉には肥満解消の効果がある」と言われる理由です。

またカルコンと同様に明日葉に含まれているクマリンという物質には、セルライトやむくみの解消に効果があります。

脂肪の塊であるセルライトは血液の流れが悪くなることや、新陳代謝の低下により老廃物がうまく処理できないときに発生します。

カルコンとクマリンには腕や足の末梢血管を拡張し血液の循環を良くする効果があり体に溜まった物質を排出するので、結果としてセルライトやむくみの解消へとつながるのです。

アンチエイジング効果:血流を良くすることが肌の若返りにつながる

blood-flow-and-youth

明日葉に含まれるカルコンとクマリンには強い抗酸化作用があります。老化とは体が酸化することなので、抗酸化とはまさしくアンチエイジングのことですね。

また血管の活性化も、アンチエイジングに重要な要素です。

美容の分野でたびたび言われますが、人の若さの基本は血管にあります。

血管と血液がキレイであることが、アンチエイジングにおいては非常に重要なのです。

それは血液に体の各細胞に栄養や酸素を供給したり、細胞内で発生した老廃物などを体外に排出するなどの重要な役割が存在するからです。

シミや肌の老化などは、これらの働きが悪くなり体に老廃物が溜まった状態を放置しておくことにより発生する側面があります。

明日葉のカルコンとクマリンを摂取することで血液の循環が改善すれば、肌の若返り効果も大いに期待ができるのです。

便秘の解消:明日葉には食物繊維がたっぷり

lady-in-toilet

便秘は体重の増加や肌荒れなど、体の様々な不調の原因になります。

明日葉はその解消に重要な役割を担う食物繊維を豊富に含んでいます。

食物繊維には以下のふたつのタイプが存在します。

  • 水溶性食物繊維:腸の働きを刺激して排便を促す
  • 不溶性食物繊維:コレステロールや糖質の腸内での吸収を妨げる

どちらのタイプにも言えることは、整腸作用があるということです。

食物繊維は体内で大半が消化吸収されませんが、善玉菌のエサとなることで腸内を弱酸性に傾けます。

この環境下では腸のぜん動(伸縮)運動が活発化し、結果として排便が促されるのです。

また下痢や便秘、肌荒れなどを引き起こす悪玉菌は弱酸性の環境を嫌います。また食物繊維はそれら菌のエサを吸着し対外に排泄する働きもあり、腸内が少しずつ正常化されていくのです。

fiber-cleans-gut

このようなこともあり食物繊維は「腸内の掃除屋」とも呼ばれます。

腸内環境の改善には水溶性・不溶性の食物繊維両方を一緒に摂ることが良いとされていますが、明日葉には以下のように二つとも含まれています。

水溶性食物繊維:1.5g
不溶性食物繊維:4.1g

※可食部100g生

出典:七訂食品成分表2017

ケールの食物繊維は水溶性が0.5gで不溶性が3.2gであり、明日葉はそれを上回る量を保有しているのです。

また明日葉には便秘の解消に有効なビタミンCやマグネシウムなども含まれていおり、日ごろの不規則な生活でお通じの悪さに悩まされている人にとって、とてもオススメの植物なのです。

食物繊維の疑問に全て答える!その概要から効果・効能までを超簡単説明

明日葉の注意点:血栓症の治療をしている人は要注意

warfarin-and-bitamin-k

ワーファリンという血液をサラサラにする薬品を使用している人には注意点があります。

明日葉に多く含まれるビタミンKはワーファリンの効果を弱めるか、最悪の場合無効化してしまいます。よって大量摂取は控えたほうがいいでしょう。

ケールの青汁でも同様の注意喚起がなされるときがありますが、ケールのビタミンKは可食部100gあたり210μgですが、明日葉は倍以上の500μgを含んでいます。

ワーファリンは医師の管理のもとで投与される薬剤なので、明日葉を含む食品を摂ることを考えている場合はかかりつけ医に相談するようにしましょう。

まとめ

青汁と言うと大麦若葉やケールばかりに目が行きがちで明日葉は三番手のような扱いを受けていますが、その健康効果には目を見張るものがあります。

幅広い栄養素を摂り入れるためにも特定の原料にこだわらず、たまには明日葉を主要素材とした青汁を飲んでみるのもいいでしょう。

青汁製品の中には大麦若葉やケールを主としながら明日葉を少量だけ配合しているものもあれば、明日葉自体を主な原料としているものまであります。

明日葉を全面に押し出したものとしては「ふるさと青汁」の人気が特に高いです。

この製品に関しては実際に購入をし体験レビューレポートを記しているので、興味のある人は見てみてくださいね♪

口コミで評判の「ふるさと青汁」を体験レビュー!明日葉の味とは?

2017.06.25