青汁を飲んでるのに便秘?それ自律神経の乱れが原因かも

整腸作用のある青汁を飲んでいるにもかかわらずトイレの調子が悪いという話を聞くことがありますが、これは自律神経の乱れが関係しているかもしれません。継続的にストレスにさらされていると、腸内環境が乱れてしまう可能性があるのです。

ストレスと体調不良の関係性は昔から指摘されているので、あなたも聞いたことがあるかもしれません。

そこで今回は腸の働きと密接な関係がある自律神経の働きを、誰でも理解できるようごく簡単に説明します。

自律神経は自分の意思で制御できない神経

人には末梢神経と呼ばれる神経系があり、その中には以下のふたつが存在します。

two-types-of-nerves
体性神経:脳からの指令を体に伝える
自律神経:自分の意思とは関係なく働く

体性神経はあなたが手や足を動かすときに、意識的に命令を発信する神経です。

自律神経は心臓や内臓、または腸が働きなどをつかさどる神経です。つまり意識的に統制することのできない神経です。

pulse

「心臓の動きを止めろ」と言われても無理がありますね?

自律神経には以下のふたつのタイプが存在します。

  • 交感神経
  • 副交感神経

ひとつずつ簡単に説明します。

交感神経は活動神経

交感神経は「活動する神経」で、以下のような状況で働きます。

  • 体を動かしているとき
  • 緊張をしているとき
  • ストレスを感じているとき

交感神経が働いているときは、心拍数は高くなり、血圧は上がり、瞳孔は拡大し、呼吸は激しくなります。

jogging

例えば運動をしているときや、その他活発に活動しているときなどは、交感神経が働いている状態と言えます。

fight-or-flight

交感神経は「闘争か逃走か(fight or flight)」と言われることもあり、興奮時に働く神経系です。

また戦闘中でなくても仕事に従事しているときなど、一定の緊張とストレスを生む状況下でもONとなります。

副交感神経は休息神経

副交感神経は「休息する神経」で、以下のような状況で働きます。

  • 体を休めているとき
  • 眠っているとき
  • リラックスしているとき

副交感神経が働いているときは、心拍数は低くなり、血圧は下がり、瞳孔は縮小し、呼吸は落ち着きます。

交感神経の逆の働きと考えてもらえればOKです。

bath-time

お風呂に入りリラックスができているときや、ストレスのない休息時などは副交感神経がONの状態です。

rest-and-digest

副交感神経は「安静と消化(rest and digest)」と言われることもあり、体を休めているときに働く神経系です。

身体を休息モードにし、体に溜まったダメージなどを回復する大切な神経系です。

交感神経と副交感神経はバランスが大切

交感神経と副交感神経は、両者のバランスが大切です。このふたつは以下のような関係性を持っています。

sympathetic-and-parasympathetic
  • 交感神経ON <=> 副交感神経OFF
  • 副交感神経ON <=> 交感神経OFF

つまり表裏一体なのです。

一般的には朝から昼にかけては交感神経がONとなり、夕方から夜にかけては副交感神経がONとなります。このバランスが乱れていると診断された人が、平成13年の時点で日本国内に約64万人存在します。

あくまで診断結果が出た人の数なので、実数はその10倍以上で日本国民全体の約5%におよぶ可能性が指摘されています。

このようにふたつの神経の調和が乱れている状態を「自律神経失調症」と言います。

様々な原因が考えられますが、一般的に多いのは以下のようなケースです。

  • 生活リズムの乱れ
  • 精神的・肉体的なストレス
  • 環境の変化
overtime-work

仕事をしていると日によっては残業がありますし、それに伴うストレスも降りかかります。また日によってご飯を食べる時間が違うこともあれば、ベッドに入る時間も変わってくるでしょう。

つまり現代に生きる私たちは自律神経が乱れやすい生活スタイルを送っていると言っても過言ではないのです。

自律神経が乱れると便秘になる可能性あり

青汁や酵素サプリを摂っているにもかかわらず便秘になってしまうというのも自律神経の乱れが原因である可能性があります。なぜなら腸の働きと自律神経には密接な関係性があるからです。

はじめに言っておくと、胃腸の活動が活発なときは副交感神経が優位な状態です。体が活動しているときは交感神経が優位な状態なので、胃腸が活動しているときも同様に交感神経が・・・と考えてしまうかもしれませんが、実は逆です。

胃腸が働き消化がスムーズに行われているときは、体はリラックスをしているのです。安静と消化(rest and digest)で述べたとおり、消化時はあくまでも副交感神経優位の状態です。

constipation

逆に交感神経は腸の働きを抑制してしまうので、腸のぜん動(伸縮)運動が上手く行えず、食べたものが腸内を進行できなくなってしまいます。

ぜん動運動は主に自律神経により制御されているのです。つまりストレスや緊張状態などで交感神経が優位に働きすぎると便秘を引き起こすことがあるのです。

仮に青汁や酵素サプリなど胃腸の働きを活発にする健康補助食品を摂っていても、自律神経のバランスが崩れることにより排泄の調子が悪くなる可能性は十分にあります。

自律神経を整えるにはストレス発散という方法も有効

自律神経の乱れを改善する一番の方法は「規則正しい生活を送る」ことです。

例えば以下のようなことです。

  • 毎日の起床時間と就寝時間を定める
  • 決まった時間に朝昼晩の食事を摂る

これらは交感神経から副交感神経への切り替え時に発生する行動です。以上のふたつを守るだけで、かなりのケースで改善するでしょう。

ただしこれらを簡単には実行できないのが現代人の辛さです。そもそも仕事に振り回されるような毎日を送っていなければ、誰も自律神経の乱れに悩まされていないでしょう。

その他には以下のような方法があります。

stress-release
  • 趣味に没頭する
  • スポーツなどで汗をかく
  • 旅行などへ行き違う景色を楽しむ

つまり「ストレスを思いっきり発散する」ということです。不眠症気味の人でも体を動かしたりすれば、その日の夜はグッスリ眠ることができたりします。

日を通してのスケジュールが定まっているのに、体調不良が出てしまっている人は過度のストレスが原因の可能性が高いです。交感神経と副交感神経の調和の乱れは、大なり小なりそれらストレスから来ています。

family-fishing

よってそれを吹き飛ばすくらい遊び、自律神経を意識的に整えてあげるのです。自律神経失調症は症状が長期化したり、改善しかけていたのに再度悪化してしまったなどのケースが多く存在します。焦って早期に直そうとするとそれが逆にストレスになりかねないので、自分でできることに取り組みつつも少し気長に見るくらいのほうがいいでしょう。

ただし不眠症や、体調不良、精神不安の症状があまりに重い場合は医師の診断を受けることをオススメします。

    自律神経を整えるためには
  • 起床・就寝時間が定まった規則正しい生活を送る
  • 趣味や運動などでストレスを発散する
  • 症状が重い場合は医師の診断を受ける