青汁にも含まれる炭水化物と糖質の違いとは?そして糖質はなぜ太るのか

炭水化物は体脂肪の原因になるので常にネガティブなイメージ付きまといますが、その一方で体にとってとても重要な栄養素でもあります。

炭水化物と同一視されることのある糖質は、青汁にも少量含まれています。

青汁と比較されることの多いスムージーには結構入ってます。実際にスムージーは甘みが強いですね。

ちなみにあなたは「炭水化物と糖質は同じ」だと思っていませんか?

それは半分正しくて半分間違いです。

そこで今回は炭水化物と糖質の定義の説明と、糖質が太るそのメカニズムを簡単に紹介します。

炭水化物は糖質と食物繊維の総称

sugar-isnt-carbohydrate

炭水化物も糖質も英語ではcarbohydrateという単語が出てきます。

厚生労働省が開設したサイトであるe-ヘルスネットにおいても、炭水化物 / 糖質(たんすいかぶつ / とうしつ)と、両者を同一のものとして捉えています。

では両者は同じ物質かと言うと、それは違います。正しくは「炭水化物 = 糖質 + 食物繊維」です。

つまり炭水化物は糖質と食物繊維の総称なのです。

冷蔵庫の中の食品を手に取って成分表を見てもらえば分かりますが、以下の栄養素は食品表示法により表示が義務付けられているので、その食品に含まれていれば必ず記載があるはずです。

  • 熱量
  • タンパク質
  • 脂質
  • 炭水化物
  • 食塩相当量

ただし糖質または食物繊維としての記載がある場合は、以下のように炭水化物の内訳として表示されているでしょう。

food-labeling-law出典:早わかり食品表示ガイド – 消費者庁

あまり気にして見ていなかったかもしれませんが、ここからも「炭水化物 = 糖質 + 食物繊維」ということが分かるようになっていたんですね。

このふたつの成分は同じ炭水化物として扱われますが、糖質は易消化性炭水化物であり食物繊維は難消化性炭水化物と、その働きは大きく異なります。

易消化性とは消化できる性質のことです。これが糖質ですね。

難消化性とは消化できない性質のことで、これが食物繊維です。

ここからひとつのことが分かります。

つまり同じ炭水化物でも糖質は体内で消化吸収されるが、食物繊維はそのようなことが無く便という形で体外に排出されるのです。

糖質が太る原因になるのは、それが体内で消化吸収されるからです。

消化も吸収もされず、ほぼそのままトイレで出てしまう食物繊維は肥満の原因にはなりません。

体脂肪というトピックで炭水化物と言ったとき、それが指すのは糖質のことです。

そこでここからは糖質に焦点を当て話を進めます。

※食物繊維に関しては以下のリンク先で説明しています

食物繊維の疑問に全て答える!その概要から効果・効能までを超簡単説明

糖質は体に不可欠な成分であり絶対悪ではない

is-sugar-angel-or-devil

糖質は肥満の原因だから控えたほうがいい」などと考えていませんか?

それには「Yes」とも「No」とも答えることができます。

ひとつだけ言えることは「糖質は絶対悪ではない」ということです。

この物質は人の体にとって一番即効性のあるエネルギー源です。

農林水産省のホームページでも糖質が不足すると以下のような弊害が出ることを指摘しています。

足りないと

> エネルギーが不足して、疲れやすくなる可能性があります。
> 脳のエネルギー源なので、頭の働きがにぶる可能性があります。

出典:炭水化物 – 農林水産省

糖質不足のときは体力が落ちます。また脳もこの成分をエネルギーとして利用しているので、量が少ない場合集中力などが落ちてしまいます。

「お腹が減っていると勉強に集中できない」というのは当然の話なのです。

このような場合は太るなどということを気にせず、チョコレートを少しかじるなどした方がいいでしょう。

極端な話、体内から糖質を全て抜いてしまうと人は意識障害に陥ります。

meal-is-fuel

「疲れたときは甘い物を摂るといい」と言われますが、これは「ガス欠になった車にはガソリンを入れるといい」と言っているに等しいです。

また糖質は摂ることによって血糖値が上がり、満腹感が得られやすい成分でもあります。

非常によくできていますね。

つまりエネルギーが満たされたので、これ以上は必要ないという信号が体から発せられるのです。

糖質はあくまでも摂り過ぎがいけないだけなのです。

糖質はなぜ太る?【超基礎編】

「糖質はエネルギー源」と考えると、人が太る理由が理解できると思います。

糖質が体脂肪の原因になる理由は簡単。体脂肪は将来の飢餓のために備えおくエネルギーの備蓄だからです。

食べ物に囲まれている現代人はほとんど意識しませんが、人間の歴史とは戦争と飢餓の歴史です。

pyramid

いつ次の食糧にありつけるか分からないような状況で生活しているうちに、余分なエネルギーは体内に溜めておけるよう人は進化したのです。

「食べないだけダイエット」は絶対にリバウンドする!その明確な1つの理由

糖質は大きく分けて単糖類、二糖類、多糖類の3タイプ

糖は大雑把に分類すると、単糖類、二糖類、多糖類という3種類に分けることができます。

単・二・多というそれぞれの接頭辞は分子の数を表しており、単糖類であればひとつの分子で構成されています。

glucose-and-fructose

単糖類はこれ以上分解したら糖ではなくなるという、糖質の最小単位です。

「血糖値が高い」という言葉をあなたも聞いたことがあると思いますが、これは「単糖類であるブドウ糖の血中濃度が高い状態」を意味します。

単糖類には他にも果糖やガラクトースが存在します。

sucrose

二糖類はふたつの分子で構成されています。

スクロース(ショ糖)、マルトース(麦芽糖)、ラクトース(乳糖)などが該当します。

私たちが砂糖と呼ぶものはスクロースのことで、これは単糖類であるブドウ糖と果糖が結合した構造になっています。

糖質はなぜ太る?【ちょっと詳しく】

あなたが食事などで摂った糖質(多糖類)は体内でアミラーゼなどの消化酵素により二糖類に分解され小腸へと送られます。

二糖類は小腸内でα-グルコシダーゼ(マルターゼ)という酵素により単糖類であるブドウ糖に分解され、小腸から吸収されていきます。

吸収されたブドウ糖は肝臓を経て血液中に送り込まれていくのです。

polysaccharide-to-monosaccharide

つまりあなたが口にした糖質は多糖類 ⇒ 二糖類 ⇒ 単糖類(ブドウ糖)という過程を経ることで、はじめて血液中に流れ込むのです。

そして血管をめぐり体全体に運ばれることにより、各細胞にエネルギーとして利用されます。

ただし体内で分解されたいくらかのブドウ糖はインスリンの働きによりグリコーゲンに合成され、肝臓や筋肉にエネルギー源として貯蔵されます。

glycogen

グリコーゲンはブドウ糖が連結した構造をした多糖類で、あくまでも一時的な保存エネルギーであり、脳や筋肉がエネルギーを欲したときにすぐさまブドウ糖に分解され供給されます。

ただしグリコーゲンは肝臓や筋肉に蓄えられる量が決まっています。

つまりそれらの箇所に貯蓄できない余分が出てくるのです。

特にあまり運動をしないのに食事だけはしっかり摂る人は往々にして大量の余剰が発生します。

車で例えるのであれば、タンクの容量以上にガソリンを注入してあふれてしまっている状態です。

ただし上で述べたように常に飢餓と格闘してきた人類にとって、せっかく体内に取り込んだエネルギーを無駄にすることはできません。

それは生存にかかわります。

そこで人類が進化の上で編み出した究極の技が、体内の過剰なエネルギー(ブドウ糖)を将来に備え貯蔵しておくというものです。

これこそが体脂肪です。

甘いものを食べ過ぎると太るというのは、生きていくうえで極めて合理的な判断なのです。

ポリネシア人に肥満が多いのは食糧不足が原因

そもそも体内で過剰になった糖質を保存するのではなく代謝する仕組みが存在すれば、人類は肥満やそれから派生する生活習慣病にも苦しまないで済んだと言えるでしょう。

私たちの先祖が生存のために獲得したメカニズムによって、現代人が被害を被るというのは何とも皮肉な話です。

ちなみに太平洋の諸島で太古より生活をするマオリなどのポリネシア人は肥満率が非常に高いことで有名です。

konishiki-akebono

すでに引退しましたが、大相撲で言えば小錦や曙などがポリネシア人です。両者ともに極度の肥満体系ですね。

ポリネシア人の肥満傾向は世界保健機関(WHO)の住民の肥満率調査においても示されており、肥満度世界上位10ヵ国中4ヵ国がポリネシア系諸国が占めるという結果が出ています。

これら諸島は歴史的に見て食料不足が蔓延しており、長きに渡りそのような環境下で生活を続けているうちに体内脂肪を蓄える能力が突出して高くなったと言われています。

そのような遺伝子を持つ人たちが、糖分たっぷりの21世紀の食生活を始めたら太るのは当然です。

体脂肪は体内で吸収されたものの消費されないブドウ糖が原因ですが、逆の言い方をするとブドウ糖がはじめから吸収されなければ血糖値も上がらず体脂肪も付きません。

桑の葉のように、そのような働きを持つ植物も存在します。

糖質を体内で吸収させない「桑の葉」効果の超簡単説明♪

まとめ

炭水化物(糖質)は、あくまでも摂り過ぎが問題なだけです。

私たち現代人の食生活はこの肥満成分であふれかえっており、多量に存在するからこそ悪者扱いされているとも言えるでしょう。

あなたが生きる上で重要なエネルギー源なので、極端に避けるなどの行動は控えると同時に摂り過ぎにも気を付けるなど、上手なお付き合いを心がけましょう。

多くの女性が勘違いしているダイエットの基本中の基本