青汁でも使用されるクロレラの4の健康効果とは?

クロレラは淡水に生息してる単細胞緑藻類の総称で、とても多くの栄養素を含んでいるとして最近注目を浴びている物質です。

今回はこのクロレラを摂ることによって得られる健康効果をいくつかご紹介します。

クロレラは淡水に生息する栄養価の高い植物性プランクトン

plankton

クロレラはこの地球上に5億年前から存在する淡水に生息する植物性プランクトンです。

補足
淡水とは塩分を含まない水です。一般的には川や湖などの水のことです。

合成能力が他の植物よりも高く、繁殖力が非常に強いことで知られています。

クロレラという名前はあくまでもそれら藻類の総称で20種類ほど存在しますが、一般的には食用として利用される数種類を指します。

以下のようなものを主要な成分として含みます。

  • タンパク質
  • 糖質
  • 脂質
  • ビタミン
  • ミネラル
  • 食物繊維

様々な種類の栄養を含みますが、本来は強い細胞壁に守られている影響で人間の体内での吸収率があまり良くないとされてきました。

ただし最近は研究がかなり進み改善しているようです。

ちなみに錠剤や粉末などのサプリメントの素材として利用されることが多いのが現状です。

補足
クロレラという名前はギリシャ語のchloros(緑)と、ラテン語のella(小さい)から来ていますが、英語に理解のある人ならピンと来るかもしれません。

chlorosはcolor(色)に似ていますし、ellaは英語の接尾語である-ette(小さい)に似ています。

例を挙げるとcigar(葉巻)に-etteが付いたものがcigarette(たばこ)です。

クロレラの4つの健康効果

栄養豊富ということは、健康にとって良い効果があるということですね。

そこでこの藻を摂ることによって、あなたが得られる健康へのメリットをご紹介します。

大きく分けると以下の4つです。

  • 血圧とコレステロール値の改善
  • アンチエイジング
  • 免疫力の向上
  • 貧血の改善

ひとつずつ簡単に紹介していきます。

血圧とコレステロール値の改善:クロロフィルが血中コレステロールを処理してくれる

血圧の問題というと、一般的には高血圧のことですね。

血液中のコレステロール値と高血圧には密接な関係があります。

健康問題でコレステロールが語られるときそれは悪玉コレステロール(LDL)のことなので、それを基準に話を進めます。

あなたも「ドロドロ血液」という言葉を一度は聞いたことがあると思います。

dorodoro

これはまさしく血液中のLDL濃度が高まった状態のことです。

ドロドロ血液ではLDLが停滞しやすくなり、行き場のなくなったそれら物質は血管壁に入り込んで行きます。

そこで活性酸素により酸化され、「酸化型のLDL」へと変質します。

macrophage

この酸化したLDLは異物として扱われるので、免疫細胞であるマクロファージにより捕食(食べられ)され処理されていきます。

ただしそのうち処理しきれなくなり、マクロファージは泡沫細胞という泡状の細胞に変化します。

oxidized-ldl出典:酸化LDLが危険度を増す!

これが血管の内側に溜まることによって血液の通り道が狭くなり、結果としてより強い圧力かかり高血圧となるのです。

高血圧は血管から柔軟性を奪います。これがいわゆる動脈硬化です。

なにも改善策を取らないと、心筋梗塞や脳卒中などの原因となり非常に危険です。

クロレラにはクロロフィル(葉緑素)という成分が豊富に含まれていおり、同じく藻でスーパーフードとして扱われるスピルリナの倍以上の量を保有しています。

chlorophyll-cholesterol

クロロフィルには血液中のコレステロールを回収し排出する働きがあり、これにより血管壁に付着するのを防ぐことができます。

このようにして少しずつコレステロール値が改善し、血圧も正常値に戻っていくのです。

クロレラ群は、摂取3カ月後から収縮期血圧および拡張期血圧が有意に低下した。

出典:日本栄養・食糧学会誌

実際にクロレラを毎日1.5gずつ摂取するという臨床試験を行ったところ、血圧が有意に低下したという報告があります。

高血圧はサイレントキラーと呼ばれ本人に自覚症状が無いので厄介です。しかし放置しておくと命の危険も及ぶ合併症を引き起こすので、放置してはいけません。

血圧の高さに悩まされている人にとってクロレラは要チェック成分です。

高血圧の超基礎知識!初心者編

アンチエイジング:クロレラは抗酸化物質を多く含んでいる

クロレラに含まれるクロロフィルには、体の老化の原因となる活性酸素の働きを抑制する効果があります。

いわゆる抗酸化作用ですね。

またクロレラには老化に対して有効なビタミンEやカロテンなども豊富に含まれています。

特にビタミンEはその強い抗酸化作用により、「老化防止ビタミン」と呼ばれるほどです。

さらにビタミンEはカロテンなどと一緒に摂取することで効力が上がることも分かっています。クロレラには両方の成分が多く含まれているので、相乗効果が期待できます。

ちなみにクロロフィルにはガン細胞の発症を抑える働きもあるので、ガン予防にも効果的です。

免疫力の向上:マクロファージを活性化させる

クロレラは体内の白血球の一種であるマクロファージの働きを活性化することが確認されています。

白血球とは生体防御に関わる免疫担当細胞です。

security-monitor

マクロファージ自体は監視役を任されており、細菌やウィルスが体内に侵入してきたときに最前線で戦う心強い細胞です。

さらにこの免疫細胞が活性化されると、他の免疫細胞もそれに触発される形で活動が活発になることも免疫力向上へとつながります。

またクロレラにはアルブミンと呼ばれるアミノ酸・タンパク質を原料として肝臓で作られる物質の生産量を増やしますが、この成分は血液をめぐりホルモンやその他栄養などを全身の細胞に供給する働きがあり、結果として免疫力を向上させる効果があります。

もうひとつ重要なことは人の健康状態です。体内の栄養が欠如していると免疫力は著しく低下します。

クロレラはスーパーフードに分類されるほど栄養価が高いので、あなたの体を栄養で満たし結果として風邪にも負けない丈夫で強い体づくりをサポートしてくれるのです。

貧血の改善:クロロフィルは緑の血と呼ばれるほど貧血に効果がある

貧血は鉄分不足によりヘモグロビンの数が減少し、体の各細胞への酸素供給が上手くいかなくなることで発生します。

つまり貧血とは体の組織の酸欠状態です。

鉄分不足になるとこんな症状が!?鉄の概要から健康被害までを簡単説明!

そこでヘモグロビンを増加させることが課題となりますが、実はクロレラに含まれているクロロフィルはヘモグロビンと分子構造が極めてよく似ているのです。

chlorophyll-and-hemoglobin出典:Miraculous Twins and Why You Should Eat Your Greens… Really! – The Wilderness Post

上の画像を見てもらえれば分かるとおり、中心の核がマグネシウム(クロロフィル)か鉄(ヘモグロビン)かという違いだけです。

実際にクロロフィルを取り込むと、腸内で核のマグネシウムが鉄に入れ替わるだけでヘモグロビンに変身してしまうのです。

このようなことから、クロロフィルは「緑の血」と呼ばれることもあります。

貧血は体全身の細胞が機能不全に陥るため、単に頭がクラクラするというだけではなく集中力欠如や倦怠感など様々な問題を引き起こします。

クロロフィルを豊富に含むクロレラにはそれを解消する力が秘められているのです。

青汁にも含まれるクロロフィルの超簡単説明!その3つの健康効果とは

クロレラの副作用:光過敏症

side-effect-sunshine

クロレラに含まれているクロロフィルが分解される過程でフェオホルビドという物質が発生しますが、これが光過敏症の原因になる可能性が指摘されています。

光過敏症とは文字通り、光(日光)に過敏になってしまう症状です。

例を挙げると、日光に短時間接しただけで皮膚に炎症が起きてしまいます。これは同じ藻類で同様にクロロフィルを多く含むスピルリナの摂取でも報告されています。

また全ての人ではありませんが下痢や胃の不快感を覚えるという報告もあるので、クロレラを使用した健康食品は用法用量をしっかりと守り、過剰な摂取は控えましょう。

青汁にも含まれるスピルリナの3つの健康効果と2つの副作用とは?

まとめ

青汁素材としても扱われるクロレラには非常に大きな健康効果があります。

ただし全てが上手くいくというわけではなく、一部で副作用の報告もされています。

とても多くの栄養素がいっぺんに摂れる食品なので、普段から食生活が乱れている人は健康を取り戻す第一ステップとして、クロレラ配合のサプリメントを試してみることをオススメします。

クロレラ配合サプリ「青玉」の体験レビュー!私はこれで貧血を解消した