青汁にも含まれる酵素は健康寿命を確実に延ばす!その簡単説明

酵素という物質は若干異質な響きがあるので、どのようなものなのか想像が付かない人もいるでしょう。

これは食べ物の消化吸収を手伝ったり体の代謝機能をサポートするなど、人の活動と密接に関わる成分です。

酵素風呂、酵素ドリンク、酵素ダイエットなど様々な形で扱われていますが、その実態まではよく理解していないという人が多いと思います。

酵素はタンパク質の一種でありながらそれそのものが独立した形で扱われることが多々あり、タンパク質、ビタミン、ミネラルなどと並び第9の栄養素とも呼ばれます。

この成分を有効活用することで以下のような効果があります。

  • 老化スピードが緩やかになる
  • 健康寿命が延びる

これらは疑似科学などではなく、医学的にも認められていることです。

そこで健康を語る上で欠かせないこの物質をごく簡単に説明していきます。

あなたが知るべき3つの酵素

what-is-enzyme

酵素は大きく分けて以下の3つに分類できます。

  • 消化酵素
  • 代謝酵素
  • 食物酵素

上ふたつの「消化酵素」と「代謝酵素」はあなたの体内に存在する酵素です。それとは違い「食物酵素」は体外から取り入れるタイプの酵素です。

これらを分けて説明します。

消化酵素と代謝酵素:食べ物を消化しエネルギーに転換する

latent-enzyme

「消化酵素」と「代謝酵素」は併せて「潜在酵素」と呼ばれます。

体内で作られるので「体内酵素」とも言います。

消化酵素はその名のとおり、あなたが体内に取り入れた食べ物の消化吸収を助ける酵素です。

ふたつほど例を挙げると以下のような種類が存在します。

  • アミラーゼ:唾液に含まれデンプンを分解
  • プロテアーゼ:胃液に含まれタンパク質を分解

デンプンを多く含むお米や麺類などを多く食べると体脂肪が付いてしまいますが、これはアミラーゼがデンプンを分解しブドウ糖に変化させてしまうからです。

青汁にも含まれる炭水化物と糖質の違いとは?そして糖質はなぜ太るのか

このタイプの酵素が不足すると消化不良を招き、便が腸内に溜まるきっかけになってしまいます。これがいわゆる便秘です。

放置しておくと体に様々な悪影響を及ぼすので要注意です。

代謝酵素は消化酵素の働きにより食べ物から作り出されたエネルギーを利用する際に使用される酵素です。

この酵素は人が脳や体を動かす際のサポートや細胞修復や新陳代謝など、ありとあらゆる生命活動に関わる重要な酵素です。

補足
消化酵素や代謝酵素は体の中に存在する数多くの酵素の総称であり、「消化酵素」や「代謝酵素」という名の酵素ではありません。それら全てを合わせると、知られているだけでも3,000種類以上存在します。

食物酵素:食べ物により体外から取り入れる酵素

veges-enzyme

食物酵素はその名のとおり、食べ物に存在する酵素です。野菜や果物にたっぷりと含まれています。

ただし酵素は熱に非常に弱いという特性があります。

食物に含まれている酵素は一般的に48度で破壊され約60度で活性を失います。よって野菜で摂る際は生野菜であることが鉄則です。

    食物酵素の注意点
  • 食物酵素は熱に弱いので生野菜などからしか摂れない

「生野菜は体が冷える」と考えていますか?

生野菜を食べても体は冷えません。

むしろ体内酵素が活性化するおかげで新陳代謝が良くなり、慢性的な冷え性は改善する効果があります。

生肉にも酵素は含まれますが、牛肉、豚肉、鶏肉を生で食べるということはほとんどありませんね。

残念ながら焼き肉やステーキなどは熱処理がされているので酵素はゼロです。

酵素の力で健康寿命は確実に伸びる

様々な研究によりすでに結論が出ていますが、個人が一生に生産できる体内酵素量は決まっています

このことから酵素栄養学の第一人者であるエドワード・ハウエル博士は体内酵素を預金通帳としてとらえました。

一言でいうと「使い切ったら終了」という意味です。

実際に生まれたての赤ちゃんの体内には、高齢の人たちと比較して数百倍もの酵素が存在します。

また消化酵素は代謝酵素よりも優先的に使用されるという特徴があります。

gluttony-decreases-enzyme

暴飲暴食などにより消化酵素が減少すると代謝酵素が補助として供給され、結果として代謝酵素が不足します。

あなたの体のありとあらゆる働きに関わる非常に重要な物質が不足してしまうのです。

結果として体の機能が阻害され「疲れやすくなる」、「集中力が低下する」、「免疫力が低下する」、「老化スピードが早まる」など様々な健康被害が発生します。

enzyme-decreases-with-age

また体内酵素は加齢とともに減少していくことが確認されており、個人差もありますが20代半ばくらいから急激に減っていきます。

この酵素不足が年齢を重ねるごとに病気がちになってしまう原因なのです。

別の言い方をすると、体内酵素を節約することで健康寿命は確実に延びるのです。

中には「酵素を無駄遣いしなければ寿命は150歳!」などということを論じる専門家もいるくらいです。

まあ、それはさすがに単なる比喩表現でしょう。。

とにもかくにも体内酵素は人が健康的に生活をするには欠かせない物質であることは間違いありません。

alumni

同窓会などで久しぶりに出会うと明らかに他より若々しい人たちがいますね。こういった人たちは体内の酵素が極めて多く残っている人たちなのです。

ではどのように節約すればいいのでしょうか?

enzyme-consumption-amount

答えは簡単。食物酵素たっぷりの生野菜や果物をたくさん摂り、体内酵素が無駄に消費されるのを防止すればいいのです。

逆にお肉ばかりの食生活は酵素がどんどん消費されていきます。注意しましょう。

究極の酵素節約術、ファスティング

体内酵素は有限です。

酵素をいかに節約して上手に利用するかが、あなたの健康寿命を左右します。

drinking-session

現代人の食生活は体内酵素を無駄に多く消費しています。このような生活は確実に老化を早め寿命を縮めます。

いつまでも健康でいたいのであれば、生野菜や果物など酵素たっぷりの生活を心がけましょう。

また体内酵素の究極の節約術として一部の健康志向の人たちの間で実践されているのが「ファスティング」です。

あなたも聞いたことがあるかもしれません。

ファスティングとはいわゆる「計画的な絶食」ですが、その際に酵素ドリンクなどが使用される理由は、この健康法の目的のひとつが体内酵素の節約だからです。

あなたも興味があれば一度試してみるといいでしょう。ただし食べないことは行き過ぎると不健康につながるので、実践する前に事前の知識が必要になるでしょう。

ファスティングの概要と青汁を利用するメリットを簡単説明!

また酵素と健康を考える上でオススメするのが以下の本です。

酵素を節約し健康年齢を高めるための料理レシピなども載っており、非常にタメになる一冊です。