肌荒れは腸内環境が乱れているサイン!基礎知識編

会話するときは必ず相手の顔を見るので、肌が荒れているとそれだけで対人関係で臆病になってしまいますね。

一般的言われている肌荒れの原因は「食生活の乱れ」、「便秘」、「睡眠不足」、「ストレス」などです。

「食生活の乱れ」は肌荒れの原因としては必ず指摘されますね。

「便秘」も肌荒れと極めて関連性が高いですが、これは食生活の乱れとも密接な関係があります。

肌荒れ対策の最大のアドバイスを一言でいってしまうと「健康的な食生活を心がけよ」ということになります。

drinking-session

ただし人との付き合い上どうしても外食や飲酒を頻繁にしてしまう人にとって「毎日続ける健康的な食生活」というのは言うことは簡単でも実践することは困難でしょう。

肌荒れという一種の健康被害は不摂生なライフスタイルが定着してしまった、私たち現代人のテーマとも言えるかもしれません。

結論から先に言うと青汁で肌荒れは改善できます。実際に青汁を続けることで肌がキレイになったという口コミは数多く存在します。

そこで今回は肌荒れと、それに対しての青汁の効果をごくごく簡単に説明していきます。

肌荒れの原因は体内にあり

はだ‐あれ【肌荒れ/▽膚荒れ】:

肌が荒れること。皮膚がかさかさになること。

出典:デジタル大辞典

肉眼でも肌がキレイかどうかの判断はできますが、定義上は「均一であるはずの表面が荒い状態」のことです。

皮膚のキメが乱れると言ってもいいでしょう。実際の症状としては肌の乾燥や吹き出物などです。

「お肌の水分不足」や「お肌の油である皮脂の過剰分泌」なども肌荒れの原因になります。

お肌に直接塗るクリームや医薬品もありますが、それらはあくまでも肌荒れが発生してしまったあとの事後的な措置です。

skin-problems-come-from-inside

重要なことは肌荒れを未然に防ぐ予防ですね。そこで内的要因に焦点を当てることが重要となります。

そうです。多くの肌荒れは体内からやってくるのです。

体内は見ることができないので見過ごし気味ですが、肌の美しさは内側から対応していくのが基本です。

芸能人やタレントには肌がキレイな人たちが多いですが、それは別に高級エステサロンに通うだけで手に入れているわけではありません。

カメラの前に出る人たちがキレイな理由は日頃の食事に気を配っているからです。

体の内面からくる肌荒れの主な原因とされているのは、偏った食事からくるビタミン・ミネラル不足や慢性的な便秘などです。

特に便秘を放置している人は、自ら肌荒れを招いていると言っても過言ではありません。

腸内環境の乱れは肌荒れを引き起こす

肌は内臓を映す鏡」と言われることがありますが、それは全くその通りです。

思春期にはホルモンバランスの乱れなどにより吹き出物が出てしまう人たちもいますが、成人を過ぎてからも肌荒れが継続する人は内臓になんらかの問題を抱えている可能性が高いと言えます。

lady-in-toilet

そのような問題の中でも肌荒れに直結し特に多くの人たちを悩ませているのが便秘です。

一般的に便秘とは食べ物の残りカスが腸内に残っている状態をいいますが、それらは小腸などで栄養が吸収された後に残ったゴミのようなものなので体内へ留めておく必要性はありません。

towel-as-poo

例えるならば、食べ物は水という栄養を含んだタオルであり、その水(栄養)が絞られた後のタオル(便)は体にとって不必要なのでさっさと排出すべきなのです。

そしてこのような便を体内に放置しておくと、やがて有害なガスが発生します。

ただし便秘の場合、そのガスを排便という手段で体外に放出することができません。

benpi-hadaare-mechanism

結果としてそれら有毒ガスは腸内壁から吸収され血液をめぐりやがて肌から放出されます。

肌には余分な水分を取り除くなど本来の役割がありますが、ガス放出の過程でそれら働きが阻害されるので、結果として肌荒れが起きてしまうのです。

肌の調子が悪い時にスキンケアで対処するのはあくまでも応急処置に過ぎず、その発生原因に根本から対応しなければいつまでたっても肌荒れは解消できません。

極端な話をすれば、スキンケア商品に無駄にお金を投資しているとも言えます。

食物繊維は腸内をお掃除してくれる!

肌荒れを内面から対応するというのは、つまり体内(腸内)をキレイにするための対策が必要ということです。

少しこの視点から説明をしていきます。

「お通じ」と言うくらいなので、腸内の便の通りをよくするということですね。

そもそも便秘とは「排泄物の水分が少なく硬い状態のこと」です。

厚生労働省が発表している定義では「排便するときに苦痛があるか、もしくは残便感があること」です。

なぜあなたは便秘になるのか?その基礎知識(初心者向け)

便が水分を失い硬くなると、それだけで腸内をスムーズに進めない原因にもなります。

「では水を飲めばいいのか」という考えに行きつきますが、腸を刺激するためにも朝に水を飲むことは便秘対策としてよく挙げられます。

drinking-water-in-the-morning

これは朝の空っぽのお腹の中に水分を入れることで胃や腸の活動を促すためで、「胃結腸反射」と呼ばれる生理現象を利用した効果的な方法です。

またお通じを良くする栄養素としては食物繊維がとてもオススメです。

食物繊維は体内に吸収されない食べ物の残りカスなので、過去においては不必要なものとして分類されていましたが、最近ではその重要性が認識され以下のように第6の栄養素と呼ばれることもあります。

  • 炭水化物
  • タンパク質
  • 脂質
  • ビタミン
  • ミネラル
  • 食物繊維

食物繊維は大きく分けて以下のふたつに分けることができます。

  • 水溶性食物繊維:コレステロールや糖質の吸収を妨げ糖尿病などを予防
  • 不溶性食物繊維:腸の働き(ぜん動運動)を刺激して排便を促す
  • ※水溶性は水に溶けるタイプで、不溶性は溶けないタイプです

fiber-cleans-gut

この成分は体内に溜まっているゴミを吸着していき便として排出してくれる、まさし「く腸内の掃除屋」です。

これを積極的に摂ることで、みるみるうちに便秘が解消していきます。

食物繊維の疑問に全て答える!その概要から効果・効能までを超簡単説明

青汁にはとても多くの栄養素が含まれている

aojiru-seichosayo

食物繊維は水溶性と不溶性の両方を摂ることが望ましいとされていますが、青汁にはそのふたつがバランスよく含まれています。

また美容にはビタミンやミネラルなどの栄養素が必要不可欠でそのためのサプリメントも市販されていますが、青汁には以下のようなビタミンが豊富に含まれています。

  • ビタミンA:免疫力を高め感染症を予防
  • ビタミンB1:疲労回復効果
  • ビタミンB2:エネルギーの代謝をサポート
  • ビタミンD:カルシウムとリンの吸収を助ける
  • ビタミンE:血行を良くする
  • ビタミンK:骨を強くする

また青汁で使用される素材は大麦若葉、ケール、明日葉あたりが定番ですが、ここで例として山本漢方製薬が販売する大麦若葉とケール青汁の成分表を挙げます。

yamamoto-barley-kale-nutrients

どうでしょうか?その栄養素の数に驚かれたのではないでしょうか。

食物繊維、ビタミン、ミネラル、アミノ酸、SOD(酵素)と盛りだくさんです。

山本漢方の大麦若葉とケール青汁には添加物が一切含まれずそれら植物のみが原料の100%なので、これはまさしく大麦若葉とケールそのものの栄養分だと言えます。

このように栄養満点の青汁を飲むことによりお腹の中に溜まっている便を排出できるようになり、有毒ガスの発生も抑えられるようになるのです。

結果として体内がキレイさっぱり清浄化され、お肌も元のキメやツヤを取り戻すことができるようになります。

これは決して夢物語ではありません。青汁習慣を続けている多くの人たちが実感していることです。

ただし単純に「美肌」という言葉に惑わされてはいけません。美肌になるとは」とは、つまり健康になるということです。

当たり前といえば当たり前ですね。

青汁の最大のメリットは手軽ということ

「肌荒れを防ぐには腸内をキレイにする必要がある」というのが今回のテーマですが、青汁に頼る絶対的必要性はありません。

食物繊維を例に取って言えば、ゴボウ、かぼちゃ、干し柿、海藻類などにも豊富に含まれています。

ではなぜ青汁がいいのか?それは一言でいうと「手軽」です。

aojiru-needs-only-water

美肌を手に入れるため毎日の献立を考えるのは素晴らしいですが、やはり楽をしたいというのが全ての人たちの素直な気持ちでしょう。

ご飯を用意するには最低でも以下のような手順を踏むことになります。

ご飯を食べる手順
  • お皿に盛る
  • ドレッシングをかける
  • 食べる(これはしょうがないとして・・・)
  • お皿を洗って片付ける

青汁は違います。

シェイカーを使用し水と混ぜて飲むという方法であれば、用意や片付けなど全てを考慮に入れても3分もあれば終わってしまいます。

これだけの労力でビタミン・ミネラルなどとても多くの栄養素を一気に摂取できるというのが青汁の最大の魅力です。

商品によっては高価なものもありますが、手軽さを考慮に入れるとむしろコストパフォーマンスは高いと言えます。

あなたも今日から青汁を飲む習慣を身に付け、美しい肌を手に入れませんか?