青汁で手軽に健康をゲット!

あなたは最近青汁に興味が湧いてきたのではありませんか?この健康補助食品とても手軽に利用することができるので、老若男女問わず全て人たちにオススメです。

ではなぜ青汁に興味を持たれたのでしょうか。

青汁は日々進化を続け昔のものと比較してかなり飲みやすくはなりましたが、商品によってはお世辞にも美味しいとはいえないものも存在します。それでもなお青汁を飲んでみたいという人たちは健康面での意識が高いということでしょう。

それはとてもよいことです。

結論からいうと現代人の食生活は乱れています。あなたも以下のような日々を過ごしているのではないですか?

daily-meals
  • 朝は面倒なので何も食べない
  • 昼は牛丼
  • 夜はラーメン

胃腸が丈夫な20-30代であればこのような食生活でもすぐに健康面に不安が出てくることはないですが、現在の食生活は必ず将来はね返ってきます。

そこで今回は青汁で手軽に健康がゲットできるというお話を(超)簡単にしていきます。

料理を作るのはぶっちゃけ面倒!青汁は超簡単!

「野菜を食べなければいけないことは分かってるけど、そもそも料理をするのが面倒くさいよね」

このような考えは多くの人たちが共有しています。仮に簡単に済ませようと、パックに入った刻み野菜をスーパーマーケットで購入したとしても、最低以下の手順を踏むことになります。

サラダを食べる手順
  • お皿に盛る
  • ドレッシングをかける
  • 食べる(これはしょうがないとして・・・)
  • お皿を洗って片付ける

面倒くさいと思いましたか?そう感じたあなたには青汁をオススメできます。

手軽に健康をゲット!」という題名を用いているので、そこだけを見ると若干の胡散臭さがありますが青汁は本当に楽です。

aojiru-needs-only-water

市販の多くの青汁は粉末状になっているので、それを水の入ったシェイカーに入れてシェイクすればそれで出来上がりです。後は飲むだけです。

これを面倒だと思う人はいません・・・よね?

recommended-shakers

私がオススメしているタイプのシェイカーはもともとプロテインを飲むときに使用するものですが、シェイクをするという用途で見ると一番簡素で使いやすい物になります。このタイプのシェイカーは数百円で買えてしまうというのも嬉しいですね。

ただしシェイカーは通販タイプの青汁を定期コースで注文すると無料でもらえたりするので、購入する必要すらないかもしれません。

青汁初心者に助言!シェイカーを最低2つは用意すべき明快な理由

こだわりがある場合、ミキサーなどを使用したりヨーグルトに入れたり、中には焼酎の水割りになんて方もいますがそれは個人の好みの問題です。

単純に青汁の栄養素を簡単に摂り入れたいという人は、わざわざそのようなことをする必要はありません。青汁はしようと思えば、思いっきり楽ができる健康食品なのです。

青汁の3つのメリット

青汁のメリットはズバリ以下でしょう。

  • とにかく楽
  • コスパが良い
  • 栄養価が非常に高い

「とにかく楽」というのは、つまり栄養を取り入れる手段としてものすごく楽という意味です。シェイカーを使用して、水と混ぜしてしまえばあっという間に完成です。

青汁のオススメの飲み方は?水でしょ!

青汁もお金がかかる以上、そのコストパフォーマンスは誰もが気になるところですね。

通販で購入するタイプの青汁は1杯あたり100-150円ほどです。それを一日1-3回飲むのです。1杯あたり120円のものを3回利用すると考えると一日360円です。

salad-vs-aojiru

外食でサラダを注文すれば500円を超すようなものはザラにあるので、この時点で青汁の勝ちです。

スーパーマーケットであれば、サイズが小さいものなら150円程度で購入可能でしょう。ただしコスパを考える際には単純に金銭的なことだけではなく、あなたが消費した時間も考慮に入れる必要がありますね。

「Time is money」です。

すでに述べたように青汁は水と混ぜるだけなので、その点抜群です。サラダには少なからず用意して食べるという行為があります。さらに150円程度で買えるサラダはお世辞にも栄養たっぷりとは言えません。

多くの青汁は大麦若葉やケールなど栄養価が極めて高い植物を素材としているので、キャベツ、レタス、トマトなどを少し盛り付けたものとは比べ物にならないくらい数多くの栄養素を取り込むことができるのです。

ここで「どれくらいの栄養が含まれているんだ」という疑問が浮かびます。

では山本漢方製薬が販売している大麦若葉とケール青汁それぞれの成分表(粉末3g)を見てみましょう。

yamamoto-barley-kale-nutrients

どうでしょうか?その栄養素の数に驚かれたのではないでしょうか。その内容を見てみると、食物繊維、ビタミン、ミネラル、アミノ酸、SOD(酵素)と盛りだくさんです。

山本漢方の青汁は添加物を一切含まずその原料100%の製品なので、上の成分表はまさしくそれら植物の成分表と言えます。これほど多くの成分を一気に、そして簡単に取り込める方法が他にあるでしょうか?これこそが青汁の大きな魅力です。

このような豊富な栄養分のおかげで様々な効果・効能を享受できますが、一部を挙げると以下のような健康被害の予防改善に役立ちます。

health-issues
  • 高血圧
  • 便秘や下痢
  • 肌荒れ

これらの症状はバランスの取れた食生活や適度な運動により改善しますが、忙しい毎日なかなかそうもいきません。だからこそ誰にでも手軽に始めることのできる青汁がオススメなのです。

青汁の2つのデメリット

青汁のデメリットは以下の2つでしょう。

  • 美味しくないものもある
  • 値段が高いものも存在する

マズいというのはよく知られたことですね。青汁は健康補助食品なので、そもそも味を堪能するタイプの嗜好品ではありません。ただし最近はメーカー側も工夫を凝らしていて、フルーツ味の青汁なども見かけます。

味に関してはある程度慣れというものがありますが、特にドラッグストアに陳列されているタイプの製品にはやや雑草感があり、初めはかなり抵抗があるかもしれません。

ドラッグストアと通販の青汁を比較!そのメリットとデメリットの簡単説明

aojiru-juice

どうしても苦手という人はジュースなどでシェイクするといいでしょう。こうすれば、緑色のジュースとなり青汁感はかなり薄まります。ただし朝起きてすぐなど空腹時にジュースを摂ると血糖値が急上昇する可能性があるので、あまりオススメはしません。

昔のものと比べ飲みやすくなったとはいえ、味に関しては青汁に過剰な期待はしないほうがいいでしょう。

また青汁の中には高額なものも存在し、中には6,000-7,000円程度する商品もあります。ただし製品を選択する際はパッケージそのものの値段ではなく、必ず1杯あたりのコストで考えるようにしましょう。

which-is-cheaper

上の例では一見3,000円の商品Aのほうが安価に見えますが一杯あたりの値段では商品Bのほうがより低価格なので、結果として商品Bのほうが安いと言えます。

青汁を選ぶコツが分からない?初心者に教える4つのポイント!

もちろん値段が高いものばかりではなくリーズナブルな商品も存在します。

今日から始める青汁健康生活

青汁の魅力を簡単にいくつか紹介しましたが、どうだったでしょうか?「マズいけど楽ということは分かった」という感想を持っているかもしれません。

美味しくない商品もあるのは事実です。ただしそれにより得ることのできるメリットは多大です。

世間には「簡単に・・・」などをうたい文句にしたあまり当てにならない宣伝であふれていますが青汁は違います。本当に手軽です。

「便秘が辛い」、「肌荒れが・・」などと人には様々な悩みがありますが、青汁はそれらを解消する力を秘めています。

健康不安を抱いている人は、ぜひ一度試してみてくださいね♪

人気の青汁ランキング